福岡の女王様の甘い調教が忘れられない

福岡に仕事で出張に行くことがあります。 私の会社では翌日が休日である場合、出張先で一泊して帰っても特に問題にはならないので、ホテルに泊まってSMクラブに行くことが多いです。 地元では人の目が気になって、なかなか入店できないというのもありますが、博多弁で責められるのが気持ちいいというのもあります。


ただ、一応私も会社勤めですので、仕事に影響しないように女王様に鞭の使用はやめてもらっています。 調教は主に軽い縛りとロウソクと言葉責めによるものが多く、どちらかというとソフトSMに近いのかもしれませんが、博多の女性はキレイで迫力があるので満足しています。


私の女王様はキツイ罰を与えるというよりは、ご褒美をお預けするのが大好きです。 ですから飴は体に触れることやアソコをいじってもらうことで、鞭は言葉責めや寸止めプレイになります。 不思議なもので痛みを与えられるよりも快楽のお預けのほうが、調教にはいいみたいで、あっという間に私は彼女の奴隷となってしまいました。

このブログ記事について

このページは、cniが2014年8月15日 18:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広島で初体験した男の潮吹きを今でも続けています」です。

次のブログ記事は「せっかく大阪に来たならM性感を体験しよう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261