大阪のギャップのある痴女にはまった僕

このあいだ、友人にすすめられてM性感の女の子と遊ぶことにしたんです。
M性感っていうくらいだからちょっときつめの女の子が来るのかなあと思っていたら、ふわふわとしたかわいいお嬢さんが部屋に入ってきました。
「一体、こんな子が何をしてくれるんだろう」と不安にも似た緊張があったんですが、いきなり僕の体に密着して、そのまま服を脱がせてくれたんです。
しかも、服の上から股間をサワサワとなでます。
そう、なんとその女の子は、かわいい顔に似合わず、とんでもない痴女だったんですね。
嬉しくなった僕は素早くシャワーをすませ、ベッドに寝転がりました。
すると女の子は恥ずかしい顔をしながら、M字開脚して僕の顔の上にまたがり、亀頭責めするのです。
亀頭に弱い僕はもう最初の数分で達してしまいました。
それでも、女の子は恥じらいながら、僕をひっくり返すとローションでアナルを責めてくるのです。
耳元で繰り広げられる大阪弁の淫語は、頭の中から快感が襲ってきました。
このギャップがたまらず、今日も女の子に会いに行きます。

このブログ記事について

このページは、cniが2013年12月 9日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「男の願望を叶えてくれるのが大阪M性感・痴女風俗デリヘル」です。

次のブログ記事は「大阪のM性感と痴女デリヘルは現代社会の縮図です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261